チャレンジ

【抹茶 その1】抹茶を始めてみた

こんにちは、しちりんです!

家で「抹茶」を飲みたい!と思ってちょっといろいろ買ってきました!

なんで抹茶か

静岡県はお茶の生産で有名ですが、僕はその静岡県内でも有数のお茶どころに住んでいます。

お茶の生産が多い地域のため、近所にお茶の専門店がいっぱいあります。

それらのお店で抹茶を飲んでみて、とてもおいしかったのです(^^)

お茶を始めるには日本一恵まれた場所にいるのにお茶を始めないのはもったいないし、
自分も家で好きな時においしい抹茶を飲みたいと思い道具をそろえました!

最初に買った茶道具

最初以下のに3つの道具を買いました。

  1. 抹茶茶碗
  2. 茶筅
  3. 抹茶(粉末)

一つずつ説明していきます!

抹茶茶碗

抹茶茶碗はその名の通り抹茶を入れて飲む”お茶碗”です。

店先で一目ぼれして買いました。

見よ!この造形美!

美しすぎるだろ!

茶筅

続いて茶筅(”ちゃせん”と読みます)です。

茶筅は抹茶をかき混ぜる茶道具です。

持っているだけで”お茶にこだわっている感”が出ます。

う~ん、これも美しい・・・!

抹茶

そして最後に抹茶です。

今回購入したのは

掛川抹茶「緑野」(みどの)

というものになります。

 

コクがあって甘いと表記があったのと、結構安かったから。

購入費用

購入費用はざっくりですが

  1. 茶碗 3,500円
  2. 茶筅 2,000円
  3. 抹茶 700円

の計6,200円くらいでした。

僕の一か月の小遣いの20%持っていかれましたが、新しいことを始める経費としては格安だと感じています。

実際に抹茶を作ってみた

早速家に帰って作ってみました。

それがこれ。

 

まぁ、フツーに美味しいんだけど、なんか違う。

しかも飲んでいくと下のほうに”ダマ”がたくさんあって、飲めば飲むほど苦い!!

なんでだろ?と思って、ネットで調べてみると(粉末の)抹茶を茶碗に入れるときに茶漉しで、こしながら入れるみたい。

う~ん。茶漉し持ってないし、とりあえず次回作るときは家にある急須の漉し器で作ってみることにします。

まとめ

本日の教訓。

抹茶を入れるときは茶漉しを使え!