ブログ

Googleアドセンス審査合格したよ。開設2週間の雑記ブログでやったことまとめ

こんにちは、しちりんです!

グーグルアドセンスの審査通りました!わーい!

アドセンス申請前にネットサーフィンしてアドセンスについて調べたんですが、

「審査がどんどん厳しくなっている」

「何度審査しても合格しない」

「アドセンス審査厳しすぎワロタwww」

 

ということと、

「一か月未満でアドセンス合格した」

「記事数少なくて毎日更新もしていないのに審査通った」

「アドセンス審査ユルすぎワロタwww」

という相反する意見があり何を信じていいか分かりませんでした。

信じていいのは自分だけという結論に至り(笑)、とりあえず申請してみたのです。

途中いろいろありましたが審査から6日後、無事アドセンス合格しましたので

その時の状況と、何が良かったのかを振り返りお伝えします。

これからGoogleアドセンスを審査しようと思っている方の参考になれば幸いです。

 

申請~合格までの流れ(経験談)

僕の申請から合格までの流れです。

申請→ぬか喜びへ

 

1月4日に当ブログのアドセンス申請をしました。

その日の夜、以下のような(変な?)メールが届きました。

要はこういうことらしいです。

「アドセンスアカウントは一人一個しか持てへんで!」

「それなのにあんたはアドセンスアカウントもう持ってるやんけ!」

「だから今回のアドセンス申請は受け付けへんわ!」

 

・・・ん~、ちょっとなに言ってるかわかんない。

そもそもアドセンスアカウント持ってたら申請するわけ無いやんけ!って思いながらもネット検索してみました。

そしたら原因が分かりました。

僕は7年ほど前にYouTubeで動画投稿していた時にアドセンスアカウント作っていたんです。

これに気付いた僕は、

「よっしゃー!!」

「もうアドセンス審査通ってるなら申請もいらないし7年前のアドセンスをブログに適用すればいいんやな!」

「7年前の自分、グッジョブ!!」とか思ってました。

アドセンスアカウント持っていれば、あとはどんなページでも自由にアドセンスを使えるものだと誤認していました。(実際は違うんだけど。)

 

そして失望

アドセンスの情報収集をしてみるとYouTubeで作成したアドセンスアカウントは「ホスト型アカウント(Hosted account)」と呼ばれるものらしいです。

アドセンスアカウントには

  1. ホスト型アカウント
  2. 非ホスト型アカウント

これらの2種類のアカウントが存在します。

そしてこれらには歴然とした違いがあります。アカウントの違いを簡単にまとめると、、、

ホスト型アカウント】

  • YoutubeやBloggerなどのGoogleのホストパートナーサイトでのみ収益化するためのアカウント(つまりブログ収益化不可!)
  • 審査緩め

 

【非ホスト型アカウント】

  • ほぼすべてのサイトで収益化できるアカウント(ブログ収益化可能!)
  • 審査厳しめ

上記のようになります。つまり

「非ホスト型アカウントはホスト型アカウントの上位互換」

「非ホスト型アカウント>ホスト型アカウント」

みたいなイメージでしょうか。よって一般的にブログ等で収益化を図りたいなら「非ホスト型アカウント」でなくてはならない、ということになります。

Youtubeでアドセンスアカウントを取得した僕はまさに「ホスト型アカウント」を取得して喜んでいただけなのでしたw

ホスト型アカウントをアップグレードさせる?

使い勝手の悪そうな「ホスト型アカウント」

でもこれを「非ホスト型アカウント」へアップグレードする方法がありました。

その方法が、、、

「ホスト型アカウントで1000円以上の収益を上げアップグレードの申請をする」

というものです。

まぁ平たく言うと

「Youtubeで1000円以上稼いでから出直してこい(アップグレード申請しろ)」

ということです。

・・・いや無理だわ!!!

ってかYoutube歴7年で合計収益9円だったし、最近では「1万再生以上ないYoutubeには広告を流さない」なんて決まりがあり、まさに僕には不可能です。

 

この時点で失望してやる気なくなりましたw(実際5日くらい何もしなかったw)

再チャレンジに向けて動く

Youtubeで作成したホスト型アカウントのアップグレード化を早々にあきらめ、別の方法でアドセンス非ホスト型アカウントを作成することにしました。

別の方法とは、

既存の「ホスト型アカウント」を停止して、当ブログで「非ホスト型アカウント」を申請する

ということです。そうです、みんなやっていることを素直にやるだけです。

まぁこれしか道はないっしょ。。。

ホスト型アカウントの利用停止

まずYoutubeで作成した「ホスト型アカウント」の停止を行いました。

下のリンクからアドセンスの利用停止に飛べます。

https://support.google.com/adsense/answer/9914

利用停止は一瞬で終わります。

非ホスト型アカウント申請

これはもうたくさんのブロガーさんが書いていますが、フツーにアドセンス申請するだけです。

僕は「JIN」を使用しているので下のリンクを見ながらアドセンス申請しました。

JIN Manual:https://jin-theme.com/manual/adsense/

申請自体は上のリンクを見て行えばとっても簡単です。

1月10日に申請して1月11日に審査通知が来ました!

このメール来た時、うれしかったな

申請までに行ったこと

ここでは「GoogleAdSense」審査の申請までにやったことを一覧化します。

アドセンス審査までに行ったこと
  1. レンタルサーバの契約
  2. 独自ドメインの取得
  3. WordPress導入(JIN)
  4. 11記事作成
  5. お問い合わせフォーム作成
  6. Twitterとリンクさせる

これらの6項目を実施してからアドセンスへ申請しました

 

申請時の当ブログの状況

・記事数:11

・トータルアクセス数:25

・文字数:以下の通り(2019年1月現在)ちなみに平均文字数は1記事当たり2055文字でした。

記事名 文字数
ペットロス 1028
ブログを始めた理由 1012
2018年の振り返り 1599
2019年目標について考えてみた 2577
僕とブログと連絡先について 1315
結婚指輪買いに行った件 3772
楽天・全米株式インデックスファンドを始めてみる 2278
「鼻毛出ているよ」と注意できないアナタへ贈る、超便利サービスの紹介 2538
納豆ヤバイ 801
新社会人に読んでほしい。万年筆を買うべき6つの理由 2752
納豆と僕について 2933

※リライトしている記事もあるため現在の文字数と違う場合もあります。しかし上記の状況でアドセンス申請しました。

 

まとめ

今回はGoogleAdSenseについて書きましたが、僕はアドセンスのためにブログを書いているわけではありません。

「ブログを楽しむための環境を整えていったら、結果的にアドセンス審査通ってしまった」というほうが自分の実感として合っています。

おそらく僕のブログが良かったというよりも、
独自ドメインを取得し、WordPressでブログを開設したということが審査合格のキーになったと推察します。

他のブログでアドセンス審査が通過しない場合はWordPressにブログを移行してみるといいかと思います。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!